2018
01.30

セルサイドM&Aチームの「メンバー編成」について

M&Aのチーム管理

セルサイドのM&Aプロジェクトは、兎にも角にも面倒を避け売りたいだけならば、相手であるバイサイド(買い手)を見つけ、飲んでくれる妥協ラインで合意してしまえば終了です。この場合は、チームメンバーとして専門性の高いプロをアサイン(任命)する必要性はありません。

しかし、バイサイドの言い値で大事な資産(自分の会社の経営権)を安値売却する、バイサイドの言い値が正当かどうか判断できない素人チームで最終決断するリスクを負う点で、賢明な行動とは言えませんね。運よく売却できたとしても、条件面は期待できないからです。通常、交渉相手であるバイサイドの方が、M&A取引の駆け引きに習熟しているからです。

最適な相手最高の条件で会社を売却したいと思うのであれば、必要な範囲で十分に専門的なスキルを有する人材を確保(プロジェクト・チームの結成)してから、戦略的に事に当たる必要があります。

セルサイド・オーナーが、適切な事前準備をして、ハードネゴを通り抜けて、会社をM&Aで良好な条件で売却しようとする際、社内の人間だけですべてのタスクを処理するのはほぼ不可能ですから、その道の専門家を必要に応じてオーダーメイドでアサイン(任命)することが不可欠です。

 

理想的なセルサイドM&Aチームメンバー構成:

 

会社内部のメンバー構成

① セルサイド・オーナー
: M&Aバンカーからの助言をもとに決断
② 最高経営責任者(CEO)
:  会社経営全体についての知見をM&Aバンカーおよびバイサイドに的確に伝える
③ 財務責任者(CFO)
: 開示資料の過半は財務情報と関連づけることになるため膨大な基礎データを準備

オーナー社長の場合には、①と②は同一人物となります。

オーナーが1人ではない場合、経営陣の職務分掌次第で状況に合わせ、必要最小限の信頼できる有能なメンバーをM&Aの初期段階からアサインし、その他役員・従業員は時が満つるまでM&A検討中であることは伏せておくことが賢明です。

今後の経営のキーマンになる予定の有能な人材は早めにM&Aチームメンバーに参加させ、モチベーション高く進行期の業績向上のために努力してもらうような工夫も効果的です。

M&Aは財務部門のトップの参加は必須ですが、会社の将来性の魅力やリスクを判断できるように必要に応じてメンバーを増やすことも必要です。例えば、マーケティング責任者(CMO)やシステム責任者(CTO)等も必要に応じて早めにアサインしておくと実のあるM&A戦略プランを策定できるでしょう。

 

会社外部のメンバー構成

④ M&Aバンカー
:M&Aプロジェクト統括、バリュエーション、事業計画策定、バイサイド探索、交渉、ストラクチャリング、その他全面的サポート
⑤ M&A会計・税務の専門家
:財務DD・税務DDの事前対策、売却前にできる売却後の対策(個人富裕層としての資産管理・税金対策等)
⑥ M&A法務の専門家
:法務DDの事前対策、契約書ドラフト・修正交渉
⑦ マーケティングとM&Aの双方に詳しい専門家
:事業計画、販売シナジー等、ターゲット企業の潜在価値の説明力を、M&A取引、M&Aバリュエーションというフィルタを通しブラッシュアップ

関連記事:

上記のようなメンバー構成がセルサイドM&Aプロジェクトのチームメンバーの理想的な構成となります。

しかし、うまくいくかどうかわからないM&Aのためにコストのかかる外部専門家を複数アサインすることは難しいケースも多いと思います。(ちなみに、中堅中小企業オーナー様が抱えるこのような悩みを解決すべく、弊社(SCA)は、④から⑦のサポートを、僅かな着手金のみで、案件ごとにオーダーメイドでカバーできるような体制を構築しております。

 

 

☆ お問合せ(お問合せフォーム/お電話/メールご都合のよろしい方法で) ☆

ごニーズに真摯に向き合います。

問合せ・割引・紹介

 

☆ 人気記事ランキング ☆

    • M&Aバリュエーションの最高峰 | DCF法の基礎と限界
      まず、現実の値決め(腹から欲しい度)と理論的なM&Aバリュエーション(完璧なDCF法含む)は同じものではありません。 どんなに精緻なM&Aバリュエーションをバイサイド(買い手)に提示しても、実際の値決め(売却価格)が...

    • 知っておくべきM&Aプロセス(株式譲渡のケース)
      M&Aで一番多く利用されるスキームが「株式譲渡」です。これからM&A会社売却をしようとするセルサイドオーナー(売り手)は、株式譲渡の手続き(プロセス)の基本形だけでも頭に入れておきましょう。 M&Aプロセスの...

    • 銀行に評価される会社が高く売れるというのは本当か?
      M&Aという取引は、「ターゲット企業(売り手企業)の経営権を売買する取引」です。 経営権を具体化するのは株式ですから「株式(エクイティ)市場」に属するものであることが大前提です。 銀行ローンが属する「信用(クレジット)...

    • M&Aで最高値で売る義務「レブロン基準」とは?
      今回は、M&Aで会社経営権を第三者に譲渡する場合に「堂々と最高値での会社売却を目指してよい理由」をご説明します。 また、この当然の権利が失われやすい背景をご説明しつつ、とはいえ、現実問題として、相手が納得しないとお金は出てこ...

    • M&Aにおける双方代理リスク
      双方代理リスクとは? 双方代理は原則禁止 双方代理は民法108条で原則として禁じられており、例外的に両当事者(本人)が事前に了解している場合にのみ許容されます。M&Aで会社売却を検討するセルサイドオーナー(売り手)は、...

    • M&A会社売却の破談リスク:COC条項とは?
      チェンジオブコントロール条項(COC条項:Change of Control条項)とは、M&A会社売却を実行することで、経営権(支配権:Control)が、今までのオーナー(売り手:セルサイド)から、第三者(買い手:バイサイド)に...

    • 会社の売却理由として「良い理由」と「悪い理由」
      今回は、M&Aの目的を「好条件での売却」に設定する場合の売却理由として、どんな理由が「良い理由」、どんな理由が「悪い理由」に聞こえやすいか、そして、売却理由の聞こえ方次第で「創業者利潤にどんな影響」が生じるのか、を説明させていただ...

    • 投資銀行の肩書って意味不明ですよね
      投資銀行では、若い青年なのに副社長(ヴァイス・プレジデント)などという肩書を持つ人がたくさんいます。副社長よりもディレクターの方が偉いというのも日本人としては不思議な感覚です。 今回は投資銀行のタイトルの上下関係と個々タイトルに求めら...

    • 問題になりやすい「のれん」。実は全企業の味方。
      暖簾(のれん)とは、企業が苦労して築いた競争優位の証です。 「企業価値を最大化しよう。」「上場株式の株価を上げよう。」「お客さん満足度(CS)を向上しよう。」「従業員の満足度(ES)を上げよう。」 これらは通常「良いこと」とされます。 ...