2018
01.30

セルサイドM&Aアドバイザーを「交代」する際の留意点

M&Aのチーム管理

弊社SCAは、(おそらく日本で唯一の)①クライアントファーストの完全独立系、②技術と経験を蓄積できるセルサイド(売り手支援)特化型、かつ、③利益相反リスクを排除できる片手報酬のM&A助言会社FA:(Financial Adviser)です。セルサイドのクライアント様がM&A会社売却を実行する上で、破談回避安値回避、そして高値追求を徹底的に支援することに集中しているM&A助言会社という点が特徴です。

ところで、セルサイドオーナーは、M&A初心者であるケースがほとんどです。そして、M&A業者を選ぶことが初めてであることもほとんどです。

昨今の団塊の世代の引退に伴うM&Aによる会社売却ニーズの急増に伴い、多くの新規参入者がM&A市場に参入してきました。需要急増時の必然ですが、問題は新規参入者の質です。なかには、セルサイドが当然期待する役割の大半についてサポートできない業者や、情報管理が甘く機密情報漏洩の懸念を感じさせる業者、サラリーマン心理で次回のボーナスのことしか頭にない業者も増えているように思えます。さらに、着手金無料を詠う業者の中には、着手金無料というメリットの代わりにアンフェアな業務委託契約を強いてくるケースもあるようです。

そのためか、セルサイドオーナー様より『すでに別のM&A業者と業務委託契約を締結してしまったが、不安になってきたのでSCAに交代してもらいたい。』というお問合せをいただくことがしばしばあります。

今回、M&Aアドバイザーを交代させる際の留意点を整理してみましたので、交代を希望されるセルサイドオーナー様におかれましては、下記をご確認いただいた上で、弊社に依頼するかどうかをご検討いただきたいと思います。結論として、途中交代は可能な場合が多いものの、締結している業務委託契約に悪質な交代禁止条項が入っている場合など、交代に大きな制約がかかるケースもあるため、状況に応じて慎重にご検討いただく必要がある点をご理解ください。

 

業務委託契約の内容:

既に契約しているM&A助言会社との業務委託契約の内容をチェックしてください。

・ 委託業務内容(単なる相手探しのみか、広範囲なサポートを含むものか)
・ 着手金等(着手金等に見合う具体的な業務実態は存在するか、逆に既に提供された業務に対し適正な着手金を支払っているか)
・ 成功報酬(成功報酬の発生条件、計算方法はどのようになっているか)
・ 両手報酬(両手業者であるM&A仲介のケースのみ)バイサイドからも報酬を受領できる場合、バイサイド候補の誰から、どういう名目で、いくらの報酬を受領してきたかを把握できているか
・ 契約解除時の成功報酬発生条件(重要な貢献の有無に関わらず、解除後長期間にわたり、ほぼ全てのバイサイド候補との間で成約されれば、成功報酬全額を支払う義務があるかのような内容となっていないか)
・ 契約解除の覚書等(成功報酬の支払を全免除、もしくは今までの具体的貢献に応じた費用支払いで確定)を締結できるかどうか
・ 機密保持義務(セルサイドもM&Aを検討している事実を別のM&Aアドバイザー候補に伝達すると義務違反となる内容となっているか)
・ 違約金条項(どのような内容になっているか)

 

 

バイサイド候補からの見え方:

別のM&A助言会社が同一のバイサイド候補に同一のターゲット企業に関するM&Aを提案する場合であっても、提案相手がライトパーソンかどうかで判断が大きく変わる可能性がありますし、提案内容がバイサイドのニーズにフィットしていて、説得力のあるものになれば判断が大きく変わる可能性もあります。

しかし、すでに提案内容を非ライトパーソンに提案してしまっている場合には、そのバイサイド候補の社内における交通整理が必要になるケースもあるでしょう。バイサイドにどのような提案をしていて、どのような評価となっているのか、現在進行している状況をできるだけ正確に把握すべきです。解除する前に、詳細に報告を受けましょう。

バイサイド候補からすると、M&A案件が出回り案件で情報漏洩による企業価値棄損リスクのある案件は避けたいのが本音でしょう。そのため、同一のバイサイド候補に再度提案すべき状況なのであれば、バイサイド候補に出回り案件ではないと理解してもらうべきです。解除する前に、詳細に報告を受けましょう。特に、別の仲介会社等を通じてバラマキ提案をしていないか、万が一しているとすればどの範囲かを把握しておくべきです。

 

セルサイドの負担:

M&Aアドバイザーを途中交代する場合、新担当者は改めて最初からターゲット企業や業界についての理解を深める手続きが必要となるうえ、特に、簡易なサポートのM&A仲介業者から、フルサポートのFA(Financial Advisory)に交代する場合には、セルサイドは負担感を感じるかもしれません。改めて着手金等のコストを負担する必要もありえます。

それだけの費用・負担に見合うだけの具体的効果が見込めるかどうかについては、交代を検討するM&A助言業者としっかりと相談して決めることが重要です。良心的なM&A助言会社であれば、取りうる選択肢を懇切丁寧に教えてくれると思います。

 

 

☆ お問合せ(お問合せフォーム/お電話/メールご都合のよろしい方法で) ☆

ごニーズに真摯に向き合います。

問合せ・割引・紹介

 

☆ 人気記事ランキング ☆

    • M&Aバリュエーションの最高峰 | DCF法の基礎と限界
      まず、現実の値決め(腹から欲しい度)と理論的なM&Aバリュエーション(完璧なDCF法含む)は同じものではありません。 どんなに精緻なM&Aバリュエーションをバイサイド(買い手)に提示しても、実際の値決め(売却価格)が...

    • 知っておくべきM&Aプロセス(株式譲渡のケース)
      M&Aで一番多く利用されるスキームが「株式譲渡」です。これからM&A会社売却をしようとするセルサイドオーナー(売り手)は、株式譲渡の手続き(プロセス)の基本形だけでも頭に入れておきましょう。 M&Aプロセスの...

    • M&Aで最高値で売る義務「レブロン基準」とは?
      今回は、M&Aで会社経営権を第三者に譲渡する場合に「堂々と最高値での会社売却を目指してよい理由」をご説明します。 また、この当然の権利が失われやすい背景をご説明しつつ、とはいえ、現実問題として、相手が納得しないとお金は出てこ...

    • 銀行に評価される会社が高く売れるというのは本当か?
      M&Aという取引は、「ターゲット企業(売り手企業)の経営権を売買する取引」です。 経営権を具体化するのは株式ですから「株式(エクイティ)市場」に属するものであることが大前提です。 銀行ローンが属する「信用(クレジット)...

    • M&Aにおける双方代理リスク
      双方代理リスクとは? 双方代理は原則禁止 双方代理は民法108条で原則として禁じられており、例外的に両当事者(本人)が事前に了解している場合にのみ許容されます。M&Aで会社売却を検討するセルサイドオーナー(売り手)は、...

    • 会社の売却理由として「良い理由」と「悪い理由」
      今回は、M&Aの目的を「好条件での売却」に設定する場合の売却理由として、どんな理由が「良い理由」、どんな理由が「悪い理由」に聞こえやすいか、そして、売却理由の聞こえ方次第で「創業者利潤にどんな影響」が生じるのか、を説明させていただ...

    • M&A会社売却の破談リスク:COC条項とは?
      チェンジオブコントロール条項(COC条項:Change of Control条項)とは、M&A会社売却を実行することで、経営権(支配権:Control)が、今までのオーナー(売り手:セルサイド)から、第三者(買い手:バイサイド)に...

    • 投資銀行の肩書って意味不明ですよね
      投資銀行では、若い青年なのに副社長(ヴァイス・プレジデント)などという肩書を持つ人がたくさんいます。副社長よりもディレクターの方が偉いというのも日本人としては不思議な感覚です。 今回は投資銀行のタイトルの上下関係と個々タイトルに求めら...

    • 問題になりやすい「のれん」。実は全企業の味方。
      暖簾(のれん)とは、企業が苦労して築いた競争優位の証です。 「企業価値を最大化しよう。」「上場株式の株価を上げよう。」「お客さん満足度(CS)を向上しよう。」「従業員の満足度(ES)を上げよう。」 これらは通常「良いこと」とされます。 ...