2018
05.15

会社売却成功の羅針盤!M&A版のSWOTアナリシスの必要性

M&Aのプロセス

SWOTアナリシスという経営戦略上の分析ツールは、非常に有名なので、大半の方がご存知かと思います。SWOTを用いることで、今の状況(ステータス)を正確に把握できることから、より効果的な今後の経営戦略を検討するための道具として理解されていると思います。

念の為、SWOTが何のことか知らないという方のために簡単にご説明しますと、
内部環境として、強み(Strength)、弱み(Weakness)
外部環境として、機会(Opportunity)、脅威(Thread)

という4つの視点による今の会社の経営状況の整理ツールということになりますね。

 

ノーマルなSWOTアナリシスの使い方

M&Aを検討されているオーナー社長様は、まず、普通にSWOTアナリシスをしてみてください。これはこれで非常に重要な手続きです。それぞれについて、入手可能なあらゆる情報を基礎とし、外部の第三者から見て「なるほど」と思ってもらえる水準になっていれば合格です。このような4つの視点について、スラスラと分かりやすく、穴のないように、矛盾や無理がないように説明できるようにしておくことが重要です。

 

M&A用のSWOTアナリシスの使い方

M&A案件としての現状把握としても、このSWOTアナリシスが有益なツールであることは、実は、あまり知られていません。つまり、会社経営者視点から見る会社の強み・弱み・機会・脅威(ノーマルなSWOTアナリシス)ではなく、不特定多数バイサイド候補視点から見るM&A案件としての強み・弱み・機会・脅威(M&A用のSWOTアナリシス)の分析をしておくことが、非常に重要なのです。M&Aの準備段階の分析をすると、多くのケースで、(独立した単独の会社としては)全く問題ないけれど、(バイサイドの多くが所在地を構える)大都市から遠距離の地方にあるというだけでも(多くのバイサイド候補から見ると)「弱み」として映りやすいと思いますし、(バイサイド候補という実態をほとんど知らない外部第三者から見ると)競合企業による一時的な攻勢等が「実態よりも大きな脅威」と見えてしまうかもしれません。さらに、価格条件を限度額まで引き上げたりそのために面倒なスキームの工夫を検討してもらうためには、将来の成長可能性(M&A案件としての「機会」)について、そのような「機会」が本当に存在し、かつ、実現可能であると評価されなけれなりませんね。「機会」の実現方法をしっかりと整理しつつ、さらに、ココが非常に重要なのですが、「腕に自信のあるバイサイド候補」を探し、「効果的に説明する」ことが重要となります。そうでなければすべては絵にかいた餅となってしまいます。

 

M&Aを始める前の準備項目の整理ツール

SWOTアナリシスは、必ず外部第三者のチェックを入れてください。社長様が、謙遜しすぎだったり、逆に自信過剰であることが往々にしてあります。オーナー社長は、日頃から孤独になりやすく、周囲の人は真向から的確な批判をしてくれません。筆者の経験上、企業経営に関する広く深い知見を有するプロによる視点を入れることで、「時代の変化によって、昔は強みだったものの、今は強みと言えなくなっていたり」、「技術の進歩によって、昔は問題のなかった経営手法が、今となっては欠陥となっている。」さらに、「社長本人も気づいていない成長可能性や利益水準向上余地、つまりM&A案件としての「機会」(Opportunity)が見つかる」ことがたくさんあります。時代の変化や技術の進歩は、10年前とはけた違いのスピードで会社に襲い掛かってきていますから、ほとんど全ての会社には潜在的疾患が潜んでいて、すでにその兆候や症状が出ているものです。まずは正確に現状を把握することが、M&Aでの会社売却を大成功に導く第一歩です。このような会社の健康診断のようなプロセスを経ることで、大概のケースで、会社としての強みの強化策弱みの治癒方法機会実現の条件脅威軽減の方策を発見することができます。さらに、M&A案件としての強み弱み機会脅威の見せ方や最適なバイサイド候補の探索基準を整理することができます。つまり、何も準備せずに今のまま売ってしまってもよいのかどうか、何をすれば実力を評価してもらいやすくなるのかについて考えを整理することができます。その努力には報酬が付いてきます。最適なバイサイドへの適正評価(=好条件)での売却可能性が高まるという形で。

 

M&Aバンカーによる診断がM&Aの成否を分かつ

上記のような健康診断は、十分な専門知識と経験の蓄積は当然のことながら、人間洞察力、市場観察力、事業分析力について、高く低く、広く狭く、表から裏から、時代の推移を加えて検討することでようやく意味のある成果につながります。いわゆる鳥の目、虫の目、魚の目という複眼的な分析・検討が必要です。能力のありそうな外部パートナーにM&Aの準備の段階から依頼することが賢明でしょう。

 

 

☆ お問合せ(お問合せフォーム/お電話/メールご都合のよろしい方法で) ☆

ごニーズに真摯に向き合います。

問合せ・割引・紹介

 

☆ 人気記事ランキング ☆

    • M&Aバリュエーションの最高峰 | DCF法の基礎と限界
      まず、現実の値決め(腹から欲しい度)と理論的なM&Aバリュエーション(完璧なDCF法含む)は同じものではありません。 どんなに精緻なM&Aバリュエーションをバイサイド(買い手)に提示しても、実際の値決め(売却価格)が...

    • 知っておくべきM&Aプロセス(株式譲渡のケース)
      M&Aで一番多く利用されるスキームが「株式譲渡」です。これからM&A会社売却をしようとするセルサイドオーナー(売り手)は、株式譲渡の手続き(プロセス)の基本形だけでも頭に入れておきましょう。 M&Aプロセスの...

    • M&Aで最高値で売る義務「レブロン基準」とは?
      今回は、M&Aで会社経営権を第三者に譲渡する場合に「堂々と最高値での会社売却を目指してよい理由」をご説明します。 また、この当然の権利が失われやすい背景をご説明しつつ、とはいえ、現実問題として、相手が納得しないとお金は出てこ...

    • 銀行に評価される会社が高く売れるというのは本当か?
      M&Aという取引は、「ターゲット企業(売り手企業)の経営権を売買する取引」です。 経営権を具体化するのは株式ですから「株式(エクイティ)市場」に属するものであることが大前提です。 銀行ローンが属する「信用(クレジット)...

    • M&Aにおける双方代理リスク
      双方代理リスクとは? 双方代理は原則禁止 双方代理は民法108条で原則として禁じられており、例外的に両当事者(本人)が事前に了解している場合にのみ許容されます。M&Aで会社売却を検討するセルサイドオーナー(売り手)は、...

    • 会社の売却理由として「良い理由」と「悪い理由」
      今回は、M&Aの目的を「好条件での売却」に設定する場合の売却理由として、どんな理由が「良い理由」、どんな理由が「悪い理由」に聞こえやすいか、そして、売却理由の聞こえ方次第で「創業者利潤にどんな影響」が生じるのか、を説明させていただ...

    • M&A会社売却の破談リスク:COC条項とは?
      チェンジオブコントロール条項(COC条項:Change of Control条項)とは、M&A会社売却を実行することで、経営権(支配権:Control)が、今までのオーナー(売り手:セルサイド)から、第三者(買い手:バイサイド)に...

    • 投資銀行の肩書って意味不明ですよね
      投資銀行では、若い青年なのに副社長(ヴァイス・プレジデント)などという肩書を持つ人がたくさんいます。副社長よりもディレクターの方が偉いというのも日本人としては不思議な感覚です。 今回は投資銀行のタイトルの上下関係と個々タイトルに求めら...

    • 問題になりやすい「のれん」。実は全企業の味方。
      暖簾(のれん)とは、企業が苦労して築いた競争優位の証です。 「企業価値を最大化しよう。」「上場株式の株価を上げよう。」「お客さん満足度(CS)を向上しよう。」「従業員の満足度(ES)を上げよう。」 これらは通常「良いこと」とされます。 ...

 

 

☆ お問合せ(お問合せフォーム/お電話/メールご都合のよろしい方法で) ☆

ごニーズに真摯に向き合います。

問合せ・割引・紹介

 

☆ 人気記事ランキング ☆

    • M&Aバリュエーションの最高峰 | DCF法の基礎と限界
      まず、現実の値決め(腹から欲しい度)と理論的なM&Aバリュエーション(完璧なDCF法含む)は同じものではありません。 どんなに精緻なM&Aバリュエーションをバイサイド(買い手)に提示しても、実際の値決め(売却価格)が...

    • 知っておくべきM&Aプロセス(株式譲渡のケース)
      M&Aで一番多く利用されるスキームが「株式譲渡」です。これからM&A会社売却をしようとするセルサイドオーナー(売り手)は、株式譲渡の手続き(プロセス)の基本形だけでも頭に入れておきましょう。 M&Aプロセスの...

    • M&Aで最高値で売る義務「レブロン基準」とは?
      今回は、M&Aで会社経営権を第三者に譲渡する場合に「堂々と最高値での会社売却を目指してよい理由」をご説明します。 また、この当然の権利が失われやすい背景をご説明しつつ、とはいえ、現実問題として、相手が納得しないとお金は出てこ...

    • 銀行に評価される会社が高く売れるというのは本当か?
      M&Aという取引は、「ターゲット企業(売り手企業)の経営権を売買する取引」です。 経営権を具体化するのは株式ですから「株式(エクイティ)市場」に属するものであることが大前提です。 銀行ローンが属する「信用(クレジット)...

    • M&Aにおける双方代理リスク
      双方代理リスクとは? 双方代理は原則禁止 双方代理は民法108条で原則として禁じられており、例外的に両当事者(本人)が事前に了解している場合にのみ許容されます。M&Aで会社売却を検討するセルサイドオーナー(売り手)は、...

    • 会社の売却理由として「良い理由」と「悪い理由」
      今回は、M&Aの目的を「好条件での売却」に設定する場合の売却理由として、どんな理由が「良い理由」、どんな理由が「悪い理由」に聞こえやすいか、そして、売却理由の聞こえ方次第で「創業者利潤にどんな影響」が生じるのか、を説明させていただ...

    • M&A会社売却の破談リスク:COC条項とは?
      チェンジオブコントロール条項(COC条項:Change of Control条項)とは、M&A会社売却を実行することで、経営権(支配権:Control)が、今までのオーナー(売り手:セルサイド)から、第三者(買い手:バイサイド)に...

    • 投資銀行の肩書って意味不明ですよね
      投資銀行では、若い青年なのに副社長(ヴァイス・プレジデント)などという肩書を持つ人がたくさんいます。副社長よりもディレクターの方が偉いというのも日本人としては不思議な感覚です。 今回は投資銀行のタイトルの上下関係と個々タイトルに求めら...

    • 問題になりやすい「のれん」。実は全企業の味方。
      暖簾(のれん)とは、企業が苦労して築いた競争優位の証です。 「企業価値を最大化しよう。」「上場株式の株価を上げよう。」「お客さん満足度(CS)を向上しよう。」「従業員の満足度(ES)を上げよう。」 これらは通常「良いこと」とされます。 ...